「映画」「天気の子」観てきました。「君の名は」と「天気の子」の比較

スポンサーリンク
スポンサーリンク
映画『天気の子』公式サイト
全世界待望ー前作『君の名は。』から3年、新海誠監督、待望の最新作!『天気の子』7月19日公開 これは、僕と彼女だけが知っている、世界の秘密についての物語

しばらく前に新海誠監督の新作映画 「天気の子」を観てきました。僕が観たときはネットに感想もあまりアップされていませんでした。君の名はの次なのでどういう映画になるのか不安でしたがその心配は杞憂でした。新海監督、凄いですね。
「天気の子」大変面白い映画でした。相変わらず映像というか情景が美しい作品です。

今回は、似ているようで実は全く異なる映画だと思う、「君の名は」と「天気の子」を論じてみます。

スポンサーリンク

「君の名は」と違うところ

「君の名は」は世界も彼女も助ける物語でした。
それに対して、「天気の子」は何かを犠牲にして大切なモノを救う話でした。
君の名は と 天気の子 途中までの展開はよく似ています。始まりはボーイミーツガールです。少年が少女と出会って、二人だけの秘密を共有し彼らの世界はどんどん盛り上がっていく。楽しいときは突然終わりを迎え、主人公は大きな決断を迫られます。
 この2つの映画は似ているようで決定的に違うと思いました。
「君の名は」は映画の中で全てが完結してしまいます。王道のエンターテイメントです。映画館を出るときにああ面白かったと言って満足して家に帰れる作品です。主人公の瀧くんは世界を救って、掛け替えのない彼女である三葉も助けます。
ここでいう世界とは、地球レベルの世界ではなく、せいぜい主人公とヒロインの生活する範囲です。
「天気の子」は途中まで、RADWIPSの音楽で盛り上がるところまでは似ています。
 けれども、最後の帆高の選択とその影響のおかげで、もやっとした気分で映画館を出ることになります。憤る人もいるでしょう。
 僕は個人にいい映画だと思いました。映画館を出た直後は釈然としないというより、物足りない印象があったのですが、家に帰って時間が経つとじわじわといい映画だったなという感想が湧き上がってきました。「天気の子」は映画館を出た後に色々と考えさせられます。個々人が各々補完する。一人一人の中で「天気の子」という作品が完成する。という感じでしょうか?

君の名はオーケストラ

安心して何度でも見返すことができます。同じシーンで笑い、悲しみ、感動します。乱暴な言い方をすれば、我々視聴者は、指揮者である監督の意図したとおりの感情を想起させられます。非常に細かい部分まで作り込まれている作品ですので、見返すたびに発見があります。SNS経由で知る気づきがあります。繰り返し観ることで受け手にとって作品の解像度がどんどん上がっていく爽快感があります。

天気の子はライブ

 映画館のスクリーンの中で完結しない映画です。見返すたびに発見があります。解像度が上がっていくところも「君の名は」と同じです。
 違うのは、映画を観た後、色々と考えてしまうことです。僕は家に帰ってネットで感想を漁ってしまいました。最後の結末についてみんながどんな感想をもったのか気になって仕方がなかったのです。「君の名は」ではなかった感情でした。
 映画では異常気象が大きなテーマの1つでありましたが、最後のシーンをそのまま異常気象への警鐘と受け取った人。雨の降り止まない東京を経済的に沈み行く日本経済になぞらえた人。帆高と陽菜の決断を観て、例え衰退を免れない世界であったとしても本当に大切なものをしっかりと離さないでいれば大丈夫だと言う人。いやいや、そんな投げっぱなしの結末じゃダメだという人。主人公達に責任を取らそうとする人。「君の名は」のストーリーをなぞって、同じような演出で、同じようにRADWIMPSの音楽で盛り上げて最後に捻りを入れただけだという人。本当に様々な考えの人がいます。
 僕個人は「天気の子」の結末は胸にストンと落ちつきました。得心がいきました。
現実には世界も彼女もどちらも救うことは難しい。生きていくとは選択の連続であり、何かを得れば何かを諦めなければならないというのは人々が頻繁に経験していることだからです。

「天気の子」が凄いのは、「君の名は」とは異なる方法で、作品の影響力がスクリーンの外へと拡大していったことです。新海誠は凄い。
「天気の子」おすすめです。

天気の子 [ RADWIMPS ]
楽天ブックス
¥ 2,574(2021/03/19 16:49時点)
小説 天気の子 (角川文庫) [ 新海 誠 ]
楽天ブックス
¥ 660(2021/03/19 16:49時点)
小説君の名は。 (角川文庫) [ 新海 誠 ]
楽天ブックス
¥ 616(2021/03/20 06:08時点)

P.S 「君の名は」は本編以外の外伝小説があります。そちらは瀧、三葉以外の人たちの物語が短編で描かれています。どれもおすすめなのですが、三葉のお父さんの話が大変良いと思いました。アニメでも実写でもよいので映像化して欲しいです。

気になったサイト

PS2版天気の子を俺たちは遊んだことが有る気がしてならないんだ

『天気の子』は娯楽映画のフリしてとんでもなくラジカルだ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
コラム 感想 未分類
スポンサーリンク
アパトサウルスをフォローする
アパトサウルスのブログ(令和な日々改め)

コメント

タイトルとURLをコピーしました