アラフォー 氷河期世代 就職活動 身なり・外見

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

アラフォーで就職しました。就職氷河期です。
大学卒業後、何年かのフリーター生活を経て、別の会社で正社員に受かり働いていました(ブラック企業でしたが)。10年前、家庭で大きな問題が発生し、仕事を辞めました。そのあと、仕方なくフリーターで働いていました。家庭の問題がなんとか収束したのでアラフォーで就職活動を再開しました。
10社以上受けて、ようやく正社員に採用されました。

氷河期の就職状況


最近になってようやく、政府が就職氷河期の問題に取り組み始めました。政権交代時にすぐに対策を始めてくれていれば、国内経済にしろ、少子化問題にしろもう少し何とかなったのでは無いかと思いますね。今更感が強いですがそれでも何もしないよりかはましだと思います。今は、官公庁の方面から狭き門戸が開かれ出した状況ですが、民間企業でも氷河期を採用しようという流れは強まるでしょう。
一昔前まで、新卒の就職は買い手市場でした。企業は嫌ならどんどん辞めもらってもいいよというスタンスでした。少子化の影響で新卒者の絶対数が少なくなってしまい、新入社員は会社が合わないと思えばどんどん辞めてしまいます。新入社員のみならず、30代前半の世代も簡単に転職してしまいます。
減り続ける一方の労働人口に対して会社の数が多すぎるのです。企業からすれば、新卒で入社しそれなりの経験を会社で積み、節の乗った中堅社員になりつつある、30代前半の優秀な人間が転職して行ってしまうのはもの凄い損失でしょうが、仕方の無い話ではあります。
その点、氷河期ならよほどのブラック企業でないかぎり辞める可能性は低いです。苦労してきていますからね。
幸い、20年前には残業代を払わなかったブラック企業も、働き方改革のおかげか、少子化の影響か、現在ではホワイト化してきています。もちろん、相変わらずのブラック企業も淘汰されずに残っていますが。
将来的には新卒と中途採用の人数は半々くらいになるような予感がしています。

アラフォーからの就職活動

会社を10社以上受けたと書きましたが、全ての会社で面接を受けたわけではありません。書類選考で落とされた会社も幾つかありました。面接を受けて採用に至ったけれど、先方に仕事の内容について詳細を伺い、こちらから辞退したケースもありました。
ただ、かなりの会社は面接で落ちました。なぜ、そうなったのかと考えると面接の受け答えが良くなかったと言うこともあるでしょうけれど、身なりを考慮せずに面接を受け続けたことにも問題があったように思っています。後になって考えるとですけれど。

身なり

アラフォーになって、改めて就職活動を始めたのですが、バッグと靴は10年前に購入した物でした。スーツは5年ほど○山で購入した物です。

スーツ


20代ならともかく、中年になると○山で買えるスーツは駄目です。やはり、体型が若いときとは違っています。新卒の若者であれば内面からにじみ出る若さで、○山のスーツを着ていてもカバーできるかもしれませんが、アラフォーともなると無理です。また、面接官の方も年齢が近かったり、下手したら自分よりも年下だったりします。面接官が、自分と年が近い人が採用面接に○山のスーツを着てきたらどういう印象を持つのかという話です。
10年前にスーツ専門店で購入したスーツがある。結構な金額をかけて購入したスーツだとします。これも駄目です。
僕も、今回スーツを購入して分かったのですが、10年前と現在とではスーツの流行が違います。10数年前に僕が購入したスーツは、割合、身体ががっちりというか体格が良く見えるようにデザインされたスーツでした。2019年の流行は細身のスーツです。
もちろん、体格の立派な人が無理に細身のスーツを着る必要は無いと思います。スーツを売っているお店で、店員にはっきりと、就職用のスーツが欲しいと伝えて、見繕ってもらうのが良いと思います。変に虚勢を張って仕事用とか言わない方がいいと思います。憶測ですが。

革靴
こちらも、細い靴がはやりでした。スーツと靴と合わせるとホグワーツに入学できそうな雰囲気です。就活用だと紐ありの靴がいいそうです。
ネット受け売りによると
色は黒 ストレートチップで内羽根、レースアップ、ヒモありの革靴がいいそうです。
正直何のことかさっぱり分かりません。こちらも、靴屋で店員のアドバイスを受ければ良いと思います。

バッグ

僕が10数年前に購入したバッグは日に焼けて変色していました。仕方が無いので、普段ノートパソコンの収納に使っているバッグを就職用のバッグとして持って行きました。数年前に購入したバッグです。ノートPCやらマウスやら周辺機器やらをまとめておくために使っていました。就活を意識して購入したわけはなかったのですが、ビジネスバッグとしても使えそうな外観でした。家の外に持って出たことは一度もなく、そのため外観はきれいな状態でした。
面接官は結構細かいところまで見ています。面接の際に、僕が腰掛けた椅子の隣にもう一脚、椅子が置いてあったのですが、その上にバッグを置くように言われました。
面接官からよく見える位置です。面接官は本人の服装だけで無く持ち物もよく見ています。

証明写真

近頃は街角に、セルフ撮影できる照明写真機がありますがあれはやめた方がいいです。きちんとした写真屋で撮影してもらいます。できばえが気に入らなければ何度も取り直してもらう方がいいと思います。
散髪なり美容院なり行って頭を整えてから撮影してもらうのがいいと思います。

面接

面接の前にも頭を整えてから行くのがいいと思います。
あとは、事前準備してきたことを出し切るだけです。
しっかり事前準備して面接に挑んでも落ちる可能性は高いです。アラフォーの就活ってそんなもんです。というか氷河期世代がそうなのか・・・・・・。
ただ、面接で落ちても、あまり落ち込まずに、縁がなかっただけだと気分を仕切り直して次の活動へつなげるのがよいと思います。氷河期の就職状況は、時間はかかるでしょうが今後、少しづつ良くなっていくと僕は考えます。
それと、現在、働いているのなら、出来ればその仕事を続けながら就活をするのがよいと思います。アラフォーの就活は長丁場になる可能性が高いからです。

最後に

何とか就職できて良かったです。政府の支援が本格化してから就活をした方が良かったのかも知れませんが、そこまで待っていられませんしね。給料は正直多くはありませんが、実家暮らしで地元で働けるため、まぁまぁといったところでしょうか。以前のフリーターの時に比べると給料は多いですしね。
仕事内容はこれまで経験してきた仕事とは、結構、異なる部分も多いのですが、案外とこれまでの経験が生かせている感じです。日本でも、今後は中途採用が当たり前になるでしょうね。
履歴書や職務経歴書や面接についてはまた後日書く予定です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
コラム 未分類
スポンサーリンク
アパトサウルスをフォローする
アパトサウルスのブログ(令和な日々改め)

コメント

タイトルとURLをコピーしました